女の子なら一度は着てみたい着物は箪笥の肥やしにならないレンタルで

着物・振袖・袴 レンタルガイド

注目記事

レンタル着物を利用する際の2つの注意点

レンタル着物サービスを利用する際には、次の2つの点に注意する必要があります。
まずはレンタル専用の肌着や着付けのための紐、足袋などの小物類もセットで利用することができるかという点です。安さを売りにしているようなプランの場合は、これらの着物を着る際に必要な小物類がセットに含まれていないケースがあります。
その場合は自前で用意しなければいけないため、別で費用がかさんでしまいます。また、肌着などは他人が身に付けたものを貸与されることになるので、嫌だという人は自前でそろえる必要があります。
次にもしも着用中に汚してしまった場合の弁償についてです。基本的にレンタル衣装の契約では、袖口の汚れや汗、雨の日の泥汚れ等の常識的な使用をしていた範囲内でのケースについては、別途費用を請求されることはありません。ただし、喫煙時に穴がいたり、飲み物をこぼしてシミが出来てしまったりした場合は、破損や汚損の度合いによっては弁償を求められることもあるので、あらかじめ契約内容を確認しておくようにしましょう。
また、汚れた箇所を素人の判断で取り除こうと試行錯誤することは控えましょう。更に着物を傷めてしまう恐れがあるからです。自分で何とかしようとせずにお店の職人はきちんと着物の汚れを取る技術を持っているので、素直の状況説明をすることが大切です。

着物レンタルで安く素敵なコーディネートを

成人式や卒業式で女の子が誰でも一度は着てみたい、着物や袴ですがレンタルがとてもオススメです。
着物や袴のコーディネートも時代とともに変化してきて、今ではブーツを合わせたりファーを合わせたりと小物類も多様化しています。着物や袴は購入するととても効果ですが、レンタルだと同じ品質のものが言うまでもなく半額やそれ以上安く着る事ができます。
何より良い点は、店舗によってたくさんの種類のデザインを見ることが出来、その場で実際に試着して検討することが出来ます。小物のレンタルも一緒に行っているところがほとんどなので、着物と小物を合わせたコーディネートも実際に試して決めることも出来ます。もしくは着物をレンタルで費用を抑えた分、他でも使い回しの出来る小物に費用を回してコーディネートすることもオススメです。
おすすめのレンタルですが、ここで何より気をつけて頂きたいのは店舗に行くタイミングです。言うまでもなく成人式や卒業式の日取りはだいたい決まっており、その日が近づけは近づくほど、皆が良いと思うデザインのものは予約されてしまいます。店舗に行ってし気に入ったものがあっても、その日は借りられてますということもよくある話です。
そのため着物や袴を着ることが決まっていれば出来る限り早くに見に行き、気に入ったものは早めに抑えておくことをおすすめします。

箪笥の肥やしにするならレンタルがお勧め

一昔前でしたら成人式に着る着物はオーダーメイドで仕立てるのが一般的で、一生に一度の大事な記念日にレンタルで済ますなどもっての外という見方をしていたものです。
一方で若い頃に無理して仕立てて貰ったものの、其の後は着る機会も無く和紙で梱包した儘箪笥の肥やし状態という話しも耳にします。其れを反面教師にしているかは定かでは無いですけど今の若い世代の人は着物をレンタルする人も増えていますね。考えてみれば一度しか着ないだろう着物に大金を注ぎ込むよりは借りる方が手っ取り早いですし、着物の保管場所や手入れも結構大変ですから諸事情を思えば分からないでも有りません。
昔とは違って今はレンタルと云っても新品を買うのと大差無い程に品数を揃えているメーカー様が有る様です。レンタルとは言いつつも二尺袖(短い)か中着物(袖が長い)かを選べるに始まって素材と重さに色合いや柄も選択が可能です。
利用者に無理が無い様に予算額に見合った商品をレンタル出来るのも嬉しい限り。借りる=余裕が無いという図式は最早死語でレンタルを賢く利用するのが今風なのでしょう。加えてレンタルするのもインターネット上で全てが済んでしまい、更に商品を配送してくれるサービスも付随するという徹底振り。此れだけのサービスが有るのなら利用してみたくなりますね。

ニュース